【え】

エアロシューター
TIEMCOのシューティングシステム用ライニングライン。ピンク色をしている。絡んだのでむかついて、癖をのばそうとして思いっきり引っ張ったら、切れました。
エアセル
3Mのラインの安い方。それでも結構するので、やっぱり大事に使いましょう。実感としては、滑りが多少違う程度かな?
エアロドライウイング
中空繊維をなんちゃらかんちゃら・・・。パラシュートのウイング、カディスパターンのウイング、インジケーターなど、用途は広い。
エコラインカッター
Rivalleyのラインクリッパー。カッター部分の後ろに爪がついていて、ティペットの切りかすを押さえることが出来る。結構便利。
餌釣り(えさづり)
何が悪いわけでもないのに、フライ屋さんとは対立の図式がある。んでも、実際は気合いの入った餌釣りにフライがかなうはずがない。釣れなかったときに「この川に魚は居ない」って言い切る資格のある人たち。
似非フライマン
(えせふらいまん) インジケータの代わりに唐辛子浮きがついてたり、フライの代わりに餌がついてたりする人たち。爆釣系の管理釣り場に良くいる。あれだけ釣ったら・・・やっぱりどこかに卸すのかなぁ?
越年釣行(えつねんちょうこう)
「病膏肓に入る」のフライ版。ここまで来ると、社会復帰はほぼ不可能。
FFM(えふえふえむ)
「フライフィッシャーマン」の略。Mは「マッド」とか「マゾ」とかに読み替えても良い。
MSC(えむえすしー)
MayFly、StoneFly、Caddisの頭文字を取ったもの。有名なニンフパターンで、ラビットファーを使って作る。大抵最初はなんのことだか解らない。
襟(えり)
フライのベストで各メーカーとも結構こだわる部分。確かに、何も考えてないものよりはパッドが入っているものの方が肩が凝らないですむ。
エルクヘア
誰でもタイイングを初めて最初に巻くパターンに使うマテリアル。おおざっぱに言って「鹿の毛」。ブリーチしてあるものが多い。単価がそれほどでもないために、質のいいものを見つけるとついつい購入してしまう。
EHC(エルクヘアカディス)
「EHC」は通信系の人々の略語。たぶん、ドライフライで最強のパターン。なんだかよくわからないときには、とりあえず結んで置いても損はない。
エルモンヒラタカゲロウ
羽の付け根に「L」字の紋があるからこの名前・・・だ、そうだが、どこにあるの?
エロ親父(えろおやじ)
大抵のフライマンのこと
エポキシ
自作ネットの枠を固めたり、ロッドのガイドを固めたり、何かと活躍する接着剤。5分で固まるやつから、1時間ぐらいで固まるやつまで色々ある。この臭いでむらむらくるようになったら、やっぱり社会復帰は諦めた方がいい。
エントロモジストキット
水生昆虫採集7つ道具のこと。網とシャーレとたわしと瓶とルーペに努力と根性を加えたもの。
HENKAN1