【あ】

朝一(あさいち)
無理に早起きして、先行者のいない渓流を釣ろうという目論見、または行為のことを指す。大抵の場合、最初に見つけたライズにはまって後から来た人を先に行かせてしまう。
朝霞ガーデン(あさかがーでん)
「闇釣り教」なる新興宗教の聖地として崇められる場所。また、営業途中のサラリーマンや外回り中の会社員などが群れ集う場所。
あっ!
すっぽ抜け、合わせ切れ等をやってしまったことを同行者に知らしめるためのかけ声。逃がした魚のサイズによって「あぁっ!」「あぁぁぁぁ・・・」等の活用がある。
Angling(アングリング)
ルアー&フライの釣り雑誌。最近、フライの記事が少なく、しかも何のひねりもない釣行記ばかりなので、飽きてきた。
アウトリガー
フライ版、みゃく釣り。丸1日釣れなかったりすると、大淵の流れ込みでやり始めたりするもの。自然渓流で効果を上げることはまずない。そこまで近づいても逃げない魚なんているはずない。但し、最近ダイワが出した13ft#3のロッドなんかを使ったらどうなるか解らない。
アキュラシー
フライの命中度。キャスティングの競技などでは重要になるが、実際に釣りをしているときには、フライが落ちた場所が狙った場所なので、意味はない。
アプローチ
私は良く知らない。渓流に行ったときに、どこから近づいて・どこに立って・どこにフライをキャストするか、と言うことらしい。
アイビス
「黄色いアイリス」とは関係ない。アレキサンドラ等に使われるスカーレットのマテリアルだが、手にはいるのは朱色に染めたダックテイルばかり。最近は、サンスイなんかで「アイビス」と書いて売っているのを見ると腹が立つようになってきた。どこで手に入るか知ってたら教えてください。
アイ
フックの糸を通す部分。もしくは「私」。もしくは「照れ臭くって言えるかよぉ」ぐらい?
アクセント
オリジナルのフライを巻いたときについつい付けてしまう余計な光り物のこと。大抵はそのためにいびつになったり、釣れなくなったりする。
アタック
湖で沈めて引っ張る釣りをしているとき、ゴミや藻が引っかかったことを言う。「1,2回アタックがあったんだけど、駄目だねぇ」というように使う。
あたり
が出たら、もう1本。
芦ノ湖(あしのこ)
「スーパードリームカップ」と銘打って、1平方メートル辺り数十匹の魚をばらまく湖。最近はちょっと日和気味らしい。
雨(あめ)
釣りに行くときに、かなりな高確率で降ってくるもの。釣行の楽しみ度に比例して確率が上がる。最高の確率となるのは女の子を誘って釣りに行くとき。
アメマス
イワナの仲間・・・なんて表現でいいのか?ちょっと前まで虐げられていたが、西山さんの尽力によりいきなり地位の上がった奴。管理釣り場の大イワナは大抵こいつ系。
怪しいフライ(あやしいふらい)
ゴールドビーズをはじめとする光り物を基本に仕立て上げられたフライ。もしくは使われているマテリアルがなんだか解らないフライ。
アレキサンドラ
「キングオブ〜」もある。ピーコックブルーネックやら、ジャングルコックやらで豪勢に飾り立てたウエットフライ。見た目がよいので私は好きだが、1つ巻くのにいくらかかることやら・・・
芦澤一洋(あしざわかずひろ)
『東北のフライフィッシング』ってビデオが出てるの知ってます?
秋(あき)
「もうすぐ禁漁だから」と言って足繁く渓流に通う時期のこと。
浅瀬(あさせ)
湖の釣りで魚が回遊している場所のこと。ちなみに釣り人はさらに沖に立ち込んでいる。
葦(あし)
千曲の支流でのメインターゲット。2番目は「木の枝」、3番目は「石」。
アトラクター
派手な色や動きで「反射食い」を誘うフライパターンを言う。釣れた理由が解らないときにそう言っておくと良い。
穴場(あなば)
みんなが知ってる放流地点のこと。
鮎(あゆ)
夏前になるとフライが出来なくなる川に生息する琵琶湖産の魚。下手すると釣れてしまうらしいだけに怖い。
蟻(あり)
−>アント
アント
夏場に大活躍するフライパターン。「岩井〜」「パラシュート〜」等の亜種がいる。一度いい思いをすると、秋になってもこれを付けてたりして・・・
アルミ
〜ロッドケース、〜削りだしのリール、〜フライボックス、などフライマンが思わず手にとって、気づいたときには購入しているもの。特殊な魔法がかけられた金属である。
HENKAN1